HTML

ul li タグのリストマーカーに好きな文字列を設定する方法

ul や ol を利用したリストタグに任意の文字列をマーカーとして使用する方法を紹介します。
具体的には liタグのbefore疑似要素で好きな文字をマーカーとして設定し、リスト全体をずらして、リストタグっぽさを損なわないようにします。

コードはこんな感じ。

こんな風に普通にリストをHTMLで記述します。

お次はCSSで以下のように書きます。

スポンサーリンク

今回の例では「※」という文字と「●▲■」という3文字の記号をそれぞれリストマーカーとしたサンプルを公開します。ポイントはli:beforeの contentプロパティにリストマーカーとして使用した文字を記述する点です。こうすることによって、ul li を書いたHTMLタグにリストマーカーとして使いたい文字列をいちいち記入しなくても、自動的にマーカーが表示されるようになります。

ここから先はお好みですが、設定した文字列の文字数×フォントサイズ分だけmargin-leftにマイナスのマージンを設定します。そうするとリストマーカーだけが、左に移動します。そして親要素のulタグに対して、左に寄せた分だけmargin-leftでプラスのマージンを設定します。そうすると一つのli要素のリストが複数行になった場合、2行目以降がマーカーにぶら下がったように表示させることができます。

See the Pen
ul liリストに好きな文字列をマーカーとして使用する方法
by jugedred (@jugedred)
on CodePen.

以上です。
ここで使われたCSSを応用すれば、ネストされたリストに対し、階層ごとに別の文字列をマーカーとして使用するというCSSの書き方もできますね。お気に召したら、いろいろ実験してみてくださいね。

ABOUT ME
アバター
ドレッド
ライティングやWeb制作などインターネットを活用して毎日を自由に生活してるドレッドのブログです。Web制作のちょっとしたテクニックや、趣味で勉強している各種資格、放送大学での学びの記録、そして毎月買った本についての記録を残しています。
お気軽にご相談下さい!

このブログの運営者にお仕事を依頼しませんか?

コレカラウェブ

現在はフリーランスのクリエイターとして、ウェブメディアのライティングやホームページ制作、コンサルティングをしています。まずは事業用サイト「コレカラウェブ」にアクセスしていただき、お気軽にお問い合わせください。メールでのご相談は無料です。皆様からのご連絡お待ちしております。

コレカラウェブ公式サイトへ

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA