便利ツール

WinSCPでリモートサーバーの隠しファイルを表示させる方法

これまで業務ではFFFTPというFTPクライアントを使ってきたのですが、VPSとか構築する案件でSFTP接続が必要になることが増えてきたため、FTPクライアントをFFFTPからWinSCPに乗り換えることにしました。

これでファイル転送のセキュリティ問題も解決だなーと、思っていたのですが、リモートサーバー上で「 . 」(ドット)から始まる隠しファイルが表示されないという問題が発生しました。

ちなみに、通常WWWサーバーが稼動しているUNIX系のOSは「 . 」(ドット)から始まるファイル名のファイルは隠しファイルとして扱われています。WEB制作者でしたら一度くらいは「.htaccess」とか「.htpasswd」とかお目にかかったことがあると思います。普段は気にしていないかもしれませんが、こいつらは隠しファイルなんですよ。知らなかった人は覚えておきましょう。

さて、肝心のWinSCPで隠しファイルを表示させる方法ですが、「環境設定」メニューから設定可能です。

20150813_001

ログインダイアログの左下にある「ツール」から「環境設定」を選択してクリックします。

20150813_002

左側のツリービューから「パネル」を選択します。
右側に「一般」と書かれた項目から

「隠しファイルを表示する(S)(Ctrl + Alt +H)」

という項目にチェックを入れます。

これでWinSCPのリモートサーバーに隠しファイルが表示されます。

スポンサーリンク

ところで、この設定項目の右側に 「Ctrl + Alt + H」と書かれていますね。
実はこのショートカットキーを入力することでも隠しファイルの表示のオン/オフが切り替えられるようになっています。お試しください。

ABOUT ME
アバター
ドレッド
ライティングやWeb制作などインターネットを活用して毎日を自由に生活してるドレッドのブログです。Web制作のちょっとしたテクニックや、趣味で勉強している各種資格、放送大学での学びの記録、そして毎月買った本についての記録を残しています。
お気軽にご相談下さい!

このブログの運営者にお仕事を依頼しませんか?

コレカラウェブ

現在はフリーランスのクリエイターとして、ウェブメディアのライティングやホームページ制作、コンサルティングをしています。まずは事業用サイト「コレカラウェブ」にアクセスしていただき、お気軽にお問い合わせください。メールでのご相談は無料です。皆様からのご連絡お待ちしております。

コレカラウェブ公式サイトへ

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA