便利ツール

Bracketsの「Emmet」と「Brackets Snippets (by edc)」が競合する問題を解決する

Adobeが開発した、イケてるエディタ「Brackets」を使い始めました。これまでSublime TextやAtomを試したのですが、いまいちしっくりこなかったんですよね。Bracketsも他のエディタと同様に拡張をインストールすることで機能強化を行うことができます。

そこで導入したのが、みんな大好きな「Emmet」です。
それからスニペット管理を簡単に行うことができる「Brackets Snippets (by edc)」もインストールしました。

ところが、この両方を同時にインストールすると、TabキーでEmmetの展開ができなくなってしまいました。
具体的には「img」というキーでSnippetsの登録をすると、Emmetのimgタグの展開と競合しまうのです。

何が原因かと調査したところ、EmmetとSnippetsの2つの拡張でtabキーの動作が競合していることがわかりました。そこでTabキーの割り当てを変更することで問題が解決しました。今回はその手順を紹介します。

Emmetのタグの展開をTabキー以外のキーを割り当てます。
その方法ですが、まずBracketsのヘルプメニューから「拡張機能のフォルダーを開く」メニューをクリックします。

20151214_001

このメニューを開くと「extensions」というフォルダにたどり着けるため、そこから

「user\brackets-emmet」

というフォルダを開きます。
そのフォルダの中にある「keymap.json」というファイルをエディタで開きます。

20151214_002

ファイルを開いたら、「”expand_abbreviation_with_tab”」のキーの配置を変更します。

20151214_003

デフォルトでは「tab」になっているので、今回の例ではShift+Enterにしました。

20151214_004

これでEmmetのタグの展開がShift+Enterキーが割り当てられるようになりました。

スポンサーリンク

まとめると、

Emmetによるタグの展開→Shift+Enter
Brackets Snippets (by edc)によるスニペットの挿入→Tab

という風になりました。
2つのプラグインを入れて困ってる方がいましたら、是非お試しください!

ABOUT ME
アバター
ドレッド
ライティングやWeb制作などインターネットを活用して毎日を自由に生活してるドレッドのブログです。Web制作のちょっとしたテクニックや、趣味で勉強している各種資格、放送大学での学びの記録、そして毎月買った本についての記録を残しています。
お気軽にご相談下さい!

このブログの運営者にお仕事を依頼しませんか?

コレカラウェブ

現在はフリーランスのクリエイターとして、ウェブメディアのライティングやホームページ制作、コンサルティングをしています。まずは事業用サイト「コレカラウェブ」にアクセスしていただき、お気軽にお問い合わせください。メールでのご相談は無料です。皆様からのご連絡お待ちしております。

コレカラウェブ公式サイトへ

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA