【放送大学 講義雑感】技術経営の考え方 ’17

スポンサーリンク


いちおうしっかり学習したつもりであるが、試験が終わってしばらく経ってみると、何を学んだ科目なのか、いまいち思い出せない科目である。同学期に受講した「経営学概論」と一部重複する内容はあるが、より抽象的な論点が多いように感じた。印刷教材の目次は以下の通り。

■1章:技術経営とは
■2章:科学、技術とイノベーション
■3章:技術開発と技術競争力蓄積、技術普及
■4章:企業戦略と技術戦略
■5章:アントレプレナーシップ
■6章:複雑性と意思決定
■7章:組織マネジメント
■8章:研究開発のマネジメント
■9章:知的財産のマネジメント(1)
■10章:知的財産のマネジメント(2)
■11章:分野別の技術経営(1)
■12章:分野別の技術経営(2)
■13章:国家的イノベーションシステム
■14章:エコシステム論
■15章:今後の技術経営の課題

スポンサーリンク


技術や研究開発、知財など言葉だけ見ると知っている単語でも、学問として学ぶと、とても奥が深い言葉であることを実感した。試験には合格したが、この科目の内容を、さらに理解するためには、まだまだ学習が足りていないことを実感している。

試験概要
試験結果
持ち込み なし
難易度 A
created by Rinker
¥3,410 (2019/10/22 22:45:44時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

 

==========
ブログの更新情報をTwitterやfacebookで紹介しています。ぜひフォローお願いします!
Twitter → @jugedred
facebook → Jugedred Project


この記事をかいた人

ドレッド フリーライター&Webクリエイター

フリーライター&Webクリエイターのドレッドのブログです。2019年でフリーランス2年目になります。ご質問、ご要望、お仕事のご依頼はお問い合わせフォームからどうぞ!

講義雑感 | Posted on 2019/10/04 00:16

※コメントは管理人の承認後に公開されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。